はじめましての最近のブログ記事

遅ればせながら、ごあいさつ

前回のかしわ餅、食べてみたくなっていただけましたか?

なんて、遅ればせながら、まず、私自身の一言自己紹介。

 

つくばに住み始めて、やっと10年。食べるの大好き!専業主婦・2児の母の「めーさん」です。

八木製菓の和菓子に出逢い、この美味しさ、そして旦那さんの人となり、和菓子に対する思いなどを伝えていければいいな♪と思っています。宜しくお願い致します。

 

 

さて、私が初めて出逢った八木製菓のお菓子は、これでした!

 

八木製菓5.11 007.JPGのサムネール画像のサムネール画像 頂き物で口にしたのですが、

大福と言うには柔らかなお餅。中は餡だけではなく、クリームやジャムも。

八木製菓5.11 003.JPG 和菓子のようで洋菓子のような・・・口の中でとろけるような感じを覚えたのを覚えています。(お餅があるので、実際にはとけませんが)

 

これを考案したのが、御主人。(と、お聞きしています。本人に未確認なので聞いておきます。)

八木製菓の2代目。代表・八木儀和さん。(タイトル「八木製菓です!」に登場)

 

これから、御主人と一緒にお店に並ぶたくさんの和菓子を中心とした商品を紹介していきますので、楽しみにしていて下さいね♪宜しくお願い致します。

 

 

 

八木製菓です!

 

店の前 009.JPG 創業65年。つくばの西・木俣(このまた)に位置する八木製菓です。

店の前には、当店自慢のいちご大福の看板。

この時期は、パンジーが花を添えています。

八木製菓5.11 009.JPG

そして、店構えは、

八木製菓5.11 008.JPGのサムネール画像

   

 

「和物扱ってます!」というのが

一目瞭然の瓦屋根がりっぱな一軒家。

店内に入ると、やさしい顔の御主人が迎えてくれます。

来年70歳を迎えるという御主人ですが、 まだまだ現役!! 

つくば駅にも商品を納めているので、定休日も実は働いています。

 

そう奮い立たせているのは、

御主人の中に、一つの信念があるから。

「自分の腕を上げたいというのではなく、お客様あってのうちの商品。

 お客様にいかに喜んでもらえるか、喜んでもらえたらこっちも嬉しい!」

と、話してくれました。

 

八木製菓5.11 005.JPG そんな御主人の気持ちは、遠方からのお客様をも常連様にしてしまいます。

それだけではない。地元の子供たちにも和菓子作りの大変さ・魅力をきちんと伝えたいと、

小・中・高校生の職業見学・体験を積極的に受け入れています。

そして、現場を見せるだけではなく、要望があれば口にも運んでもらいます。

 

近所の保育所の子供たちの為に、よもぎ団子を作った時の話。

「よもぎ団子が目新しいのか、『みどりのおもち~、おいし~』と喜んでもらえた。和菓子の良さも伝われば、嬉しいな~」と、振り返り、目を細める御主人。

 

写真の背景にあるのは、職業体験や味わった子供達からの感謝の手紙や写真の数々。

こういったところも、商品に表れているのでは、ないでしょうか!。

 

 

先日の子供の日にも盛況だったかしわ餅。

八木製菓5.11 001.JPGのサムネール画像  

最近は、餅を丸めてしまうところが多い中、「兜」をイメージした昔ながらの形を作り続けています。

そして、餅の原料も御主人が気に入ったお米を山形から仕入れて、作っています。

 

キメの細かいお餅で、こしあんが程良い量で包まれている。

かしわの葉の塩けと香りが、なお食欲をそそる。

 

是非ぜひ、召し上がっていただきたいものです!

 

まだまだ店内には、たくさんの商品が並んでいます。

少しづつ紹介していきますので、次回をお楽しみに!

さ~て、何にしようかな??

八木製菓5.11 007.JPG  

 

 

 

 

店舗紹介

八木製菓
八木製菓
住 所 つくば市木俣396
電 話 029-847-2641

コンシェルジュ紹介

めーさん
ぽんぽん

茨城県出身、つくば暦10年。夫と長男長女の4人家族。
週末は、夫の両親と同居。たまには3世代で生活するのもいいもんですよ。
ホント、楽しく同居生活させてもらってます♪
そして、子どもの成長とともに私も成長したいな!と、2010年からチャレンジの年にしようと思い、興味のあったつくばのお店を歩き回ることから始めようと考えています。
好きなことは、料理すること・食べること、おしゃべりすること、ドラマを見ること♪ 

Powerd by SMACON